ソニーが『EAアクセス』を拒否したの懸命。 クレームとか負担増えるだけだからwwwww

PS4 EAアクセスに関連した画像-01
BR>
PS4 EAアクセスに関連した画像-02

『EAアクセス』の利用規約に目を通してみると、以下のことが明記されています。

・定額サービスの購入はマイクロソフトを通して直接行うこと
・『EA Origin』のアカウントが必須なこと
・カスタマーサービスや質問に関しては全て、EAではなくマイクロソフトへ問い合わせること

ソニーが『EAアクセス』を展開すれば、マイクロソフトと同じように、あらゆる負担がソニーに降り掛かってくることになります。

『EAアクセス』は『Netflix』や『Hulu』とは違い、あらゆるゲーム会社のタイトルを揃えているわけではありません。勘違いして『コールオブデューティ』がないことに気付いた人からのクレームまでをも請け負うこととなっていくのです。

他のパブリッシャまでもが同様のサービスを始めるとなると、問題は拡大していくだけでしょう。ソニーは自社の『PS Plus』や『PS Now』を擁しており、カスタマーにとってもソニーにとっても、このサービスだけに特化してサポートするほうが仕組みとしてはシンプルなのです。

『Netflix』のゲーム版のような、真の定額サービスはおそらく今後登場してくるはずです。

それが出れば、各パブリッシャの独自サービスは影を潜めていくことでしょう。『EAアクセス』は『Netflix』ではありません。BR>
/A>

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

コピペもできないのか…
編集
ちょっと前に声優だか女優だかが「BF4で粘着されたからソニーに文句言ったけど対応してくれない」とか騒いでたけどアレが日常的に起きかねないもんね
編集

トラックバック

http://dqnnews4.blog.fc2.com/tb.php/1-58407adf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)