安保法案反対派に見せたい中国漁船に漁場を占領された小笠原村・森下村長の言葉「危機に直面したことのない人たちの議論は、私たちの胸にも届かなかった」

335755

安保法案の採決にかんし、小笠原村の森下村長は「法整備により、離島警備の問題が前進すれば村民にとって安心できる」と語った。サンゴを奪われて中国からの脅威に実際にさらされた現場からのこの一言は安保法制の重要性を十分に証明した。離島の村民を「安心」させる安保法案、一体どこか悪いのか。








安保法案を巡る国会の攻防にかんし、中国漁船に漁場を占領された小笠原村の森下村長は「野党に具体的な対案があれば、もう少し国民の議論が深まったはず。」とも語った。民主党の岡田代表は法案の採決を「恥ずかしい」と批判したが、森下村長のこの一言で、恥ずかしく感じるべきなのは岡田さん自身だ。






安保法案の反対論にかんし、中国漁船に漁場を占領された小笠原村の森下村長は「危機に直面したことのない人たちの議論は、私たちの胸にも届かなかった」と指摘する。東京で抗議デモをやっている人たちよ、この現場の声に耳を傾いたらどうか。貴方たち、「危機」という言葉の意味が分かっていますか。










1 :名無しさん@おーぷん2015年07月16日 09:40 ID:WNV6K3sw0
ぐう正






3 :名無しさん@おーぷん2015年07月16日 09:41 ID:XOxBwWwl0
糞民主はとりあえず反対しかしないじゃん






4 :名無しさん@おーぷん2015年07月16日 09:41 ID:84lGOWo80
あいつらのほんとの現場は中韓なんで








スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


サンゴ密漁問題は都任せの、自民党



編集
糞民主はとりあえず反対しかしないじゃん
編集

トラックバック

http://dqnnews4.blog.fc2.com/tb.php/152-e03cd71a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)