6人殺しのペルー人の姉は日本に行けないのを悲観し壁に血で文字を書き自殺

1
埼玉県熊谷市で6人が殺害された事件で、殺害された夫婦の家には血で書いた文字が残されていましたが、19年前に自殺したナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン容疑者(30)の姉も同じ方法でメッセージを残していたことが分かりました。

ナカダ容疑者の姉(当時22)は19年前に刃物で自殺しましたが、家族によりますと、姉は鏡に自分の血で「こんな世界は嫌だ。神様許して下さい」などと書き残していました。田崎稔さん(55)夫婦が殺害された住宅の壁にも血で文字が書かれていました。

ナカダ容疑者の義兄:「姉は日本に働きにいきたがっていたが、(行けなくなって)精神的にひどく落ち込んでしまった。姉は血で何かを書いて(自殺した)、まさに同じことをしたのだ」

また、一時帰国した際には、17人を殺害した兄がいる刑務所を訪れ、人の死や暴力などについて話を聞いたということです。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000059082.html
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ペルー人はそこまで日本人殺したいのか
編集
アラーフ・アクバル!
アラーフ・アクバル!
アラーフ・アクバル!
編集
弟を自衛隊の事故で死なせ、姉は子供を連れて無理心中
ご本人だけ事件起こしても逃げてアメリカでセレブ暮らしの人思い出した
編集
中世においても毎年人身御供を敢行していた民族だからな
日本人には持っていない死生観もあるだろうし
人を殺す事に対して抵抗が少ないのだろうな
編集
【TPPで奪われる日本の主権】

★ISD条項(儲けを追求する多国籍企業が日本政府を相手取って訴訟できる)

★国際投資紛争解決センター(アメリカに常設、 NAFTAでも明らかなアメリカ企業の高勝率)

★ラチェット条項(医療や食品、雇用等の日本国民の安心や安全を守る規制が撤廃されても、元に戻せなくなる)

※詳しくは関連問題を扱ったブログや書籍などで
編集
長男が事件を起こしたのは何時か。要は今から何年前か。

被害者を差し置いて加害者に同情などするわけがないし、事件は無差別殺人の中でも罪は重くなる事案だ。

無闇に在留外国人を増やさないとか、入国審査の厳格化をするとか、移民等の推進に関し責任の所在を明確にしておく必要もある。
編集
>韓国ノービザ入国がいかに異常かわかるな


だよな~。
安?晋三は副官房長官時代に訪日韓国人のノービザ実施に協力していたよな。で、今はTPPで在日ペルー人を量産しようとしているし。
編集

トラックバック

http://dqnnews4.blog.fc2.com/tb.php/261-f344723a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)