コンピューター将棋、終了宣言 「トップ棋士に勝つ目的は達成した。数年後には人間が全く相手にならなくなる」


将棋のトップ棋士に勝つことを目的に、コンピューター将棋の開発に取り組んできた学会のプロジェクトが「目的を達した」として、終了宣言を出すことが分かりました。

羽生善治四冠などのタイトルホルダーとの公式の対戦は実現していませんが、学会は、ここ数年のプロ棋士との対局データを元に分析した結果、「トップ棋士に統計的に勝ち越す可能性が高い」としています。

コンピューターの技術者らで作る情報処理学会は平成22年、将棋のトップ棋士に勝つことを目的にプロジェクトを立ち上げ、日本将棋連盟に「挑戦状」を突きつけました。

そして、その年の10月に行われた対局で、当時の清水市代女流王将を破った他、その後、プロジェクトのメンバーらも参加して3年前から行われているプロ棋士とコンピューターソフトが対戦する「電王戦」でも、これまでコンピューターが通算10勝5敗と互角以上の成績を残しています。

さらに学会では、ここ数年の対局データをもとに、独自に「レーティング」という実力の指標になる数値を算出したところ、最強のコンピューターソフトの実力は、去年7月の段階で、プロのA級10人の平均を上回り、推定の勝率が63%、ことしの2月にはプロの中で最もレーティングが高い羽生四冠と並んだということです。

このため学会は、目的を達成したとしてプロジェクトの終了を決め、11日付けで学会のホームページなどに宣言を出すことになりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151010/k10010265711000.html
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

まあしょうがないね
本当にトッププロを潰しちゃう訳にはいかないから
こういう形で終わるしかない
編集
まあもう人間とか相手にならないと言うなら
矛盾じゃないけど、コンピューター対コンピューターで
先攻後攻どっちが有利だとか
最強のコンピューター同士で対局して欲しいな
とことん強さを求めて貰いたい
編集
それでいいよ。
開発者、棋士、あと一応ニコニコ運営は真面目にやってるのに、外野が余りにも煩すぎた。
試みとしてはすごくおもしろいのに「棋士ザッコwww」「コンピューターも結局その程度かよwww」みたいな煽りが多すぎて辟易したわ。目的達成されたと思うんなら、完全に食い潰される前にやめた方がいい
編集
どうせ勝負に応じるわけないし、弱いものイジメになることをいつまでも続けても仕方ないからな

向こうのメンツもあるし、この辺で引いてあげるのが大人の対応
編集
素人だが、もうコンピューター同士の対極を見てもプロと次元が違うと感じる。

ハードとソフトの両方から進化するから勝ち目はない。
編集
コンピューターはデジタルなんだから
勝利宣言出すなら100%の勝率じゃないとあかんわ

編集
そもそもこの企画すら間違ってたと言わざるを得ない
陸上選手と二輪車で対決して誰か得をしたか?
自転車はバイクになり、性能が上がって…

意味もなく棋士を貶めた以上のことはしなかったね
編集
まぁ車はちょっと違うわな
100m9秒程度で走れるようなロボットをオリンピックに出すようなもんだ
どちらにしても競技者にとっては白けて相手にしたくないだろう
編集
勝つことが目的じゃなくて普通の棋士にも対抗できうる知能持たせることが目的...なんだっけ?

それならこれで充分じゃない?この時点で俺よりは知能あるわ
編集

トラックバック

http://dqnnews4.blog.fc2.com/tb.php/268-04ed133a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)