博報堂の永井一史氏による1億3000万円の五輪用「&TOKYO」ロゴにパクリ疑惑

1
2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京都は9日、東京を世界に発信するためのブランドロゴを「&TOKYO」に決めたと発表した。デザインは博報堂の永井一史氏の監修で、5月中旬に完成したが、その後、五輪エンブレムの盗用疑惑が浮上。似たデザインがないかなどのチェックに約2カ月かかり、発表が遅れた。制作費は1億3000万円。
http://livedoor.4.blogimg.jp/vsokuvip/imgs/1/4/14fdc816.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「徹底的に日本の無様の行いを残してやる」
という固い決意でもあるのか。
あるんだろうな。
編集

トラックバック

http://dqnnews4.blog.fc2.com/tb.php/269-167d6c42

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)