iPhone6sにはアタリ(TSMC製)とハズレ(サムスン製)がある事が判明! 電池のもちが悪い! 自分がハズレか調べる方法


「iPhone6s」やi「Phone6s Plus」を買った人にとって、非常に不安になる事実が判明した。iPhone6sには「A9」と呼ばれているCPU(コンピュータの頭脳)が搭載されているのだが、サムスン製とTSMC製(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co製)が存在する。

・ハズレはバッテリーのもちが悪い
購入者はどちらのA9がiPhone6sに採用されているか購入前にわからず、購入後でも専用のアプリで調べないとわからないようになっている。どちらの性能も同じなら問題ないのだが、サムスン製のA9は、TSMC製よりもバッテリーのもちが短いと指摘されているのだ。

・約2時間もバッテリーのもちに差
サムスン製よりも、TSMC製のほうが約2時間ほどバッテリーのもちが良いという。約2時間もバッテリーに差があるのは、かなりの差といえよう。そんな事実を知ったら、誰もがTSMC製のA9が搭載されたiPhone6sを買いたくなるだろう。

・アタリかハズレかを調べる方法
iPhoneアプリ『Battery Memory System Status Monitor』をインストールして起動。「System」画面に表示されているModelの項目によって、サムスン製かTSMC製かがわかる。

サムスン製: N71AP(6s) / N66AP(6s plus)
TSMC製: N71MAP (6s) / N66MAP(6s plus)


・どちらが手に入るかは運
もし自分のA9がサムスン製だったとしても、そのような理由でiPhone6sを返品したり交換してもらうことはできない。もちろん、壊れて修理に出して新品交換となったら、TSMC製A9のiPhone6sになるかもしれないが、それも運である。

・交換や修理はできず
つまり、私たちは購入前にどう頑張ったってサムスン製かTSMC製かを知ることはできないのだ。ちなみに、iPhone6sのなかには、液晶画面がやや黄色いものがある。通称「尿液晶」と呼ばれているもので、こちらも交換や修理はできず、泣き寝入りしかない。

http://buzz-plus.com/article/2015/10/09/iphone6s-a9/
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

これはappleに文句言いまくって
今後サムスンの部品使わせないようにしないと。
韓国製が嫌でギャラクシーにしないでiPhoneにしてる人もいるだろう。
編集
サムスン製のCPUを搭載し中国で生産されるアップル製品

日本の貿易統計で中国からの赤字の大半が「通信機」だがこれが何を表すか
わからない人間が多い

編集

トラックバック

http://dqnnews4.blog.fc2.com/tb.php/274-da20cd75

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)