日本政府、オーストラリアに最新鋭「そうりゅう型潜水艦」の技術を公開か


9月29日、防衛省の石川正樹官房審議官は、オーストラリア海軍の次期潜水艦の選定競争に関連して、そうりゅう型潜水艦の全製造行程をオーストラリア国内の造船所で行う用意があることを、日本側代表として初めて公にした 。

また、同氏は日本製潜水艦製造のためにオーストラリアのエンジニア数百人を訓練し、技術移転することも発表している。

潜水艦契約の選定競争ではドイツ、フランスとの熾烈な競争が続いており、今回の石川審議官の発言や最近のオーストラリアの動向についても、複数の海外メディアが報じている。

http://newsphere.jp/politics/20151006-3/
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

安倍晋三(売国経済左翼)
「基本的価値を共有する国々と相互依存関係を深め、将来的に『中国もTPPに参加すれば』、わが国の安全保障にとっても、アジア太平洋地域の安定にも大きく寄与し、戦略的にも非常に大きな意義がある」(2015年10月6日 首相官邸での記者会見)

中国もTPPに参加すれば、だと・・・? 低価格で劣悪な中国産品の過激な流入なんて百害あって一利なしだぞ。アメリカへの売国でもまだ飽き足りないのかよ。
編集
日本のトップはアメリカ辺りに任せた方が上手く回ると思う
編集


『中国もTPPに参加すれば』なんてほざく、アメリカへの売国のみならず中国への売国宣言までする総理が居座る政府だもの。
連中は、中国へ機密がいくら漏れようが知ったこっちゃない。


編集
これホントかな?
だいたい、守秘義務が課せられる技術情報を、たった一人の審議官の一声で提供できるんか?

編集

トラックバック

http://dqnnews4.blog.fc2.com/tb.php/282-dc2622f2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)