【画像】 三毛別羆事件のヒグマより巨大なヒグマ(400kg)をハンター2人が仕留める…北海道・紋別市


9月26日、紋別市上渚滑町立牛のデントコーン畑で、体重400キログラムのオスのヒグマが駆除された。冬眠に備えてデントコーンを食べ、そこで寝るという日々を繰り返していたらしく、かなり太った体格だった。2人組で駆除に当たったハンターの1人は「50年やっているが、こんなに大きなクマは見たことが無い」と驚いている。

市内では他に、渚滑町宇津々と藻別でも推定350キロ以上の巨大ヒグマの足跡が確認されていて、紋別市は猟友会の協力を得てパトロールを実施するなど警戒している。

今年は国内最悪の獣害とされる三毛別羆(さんけべつ・ひぐま)事件(1915年12月、7人死亡・3人負傷、北海道・苫前町)からちょうど100年。このときのヒグマは体重340キロで、今回の巨大クマはさらに大きい。なお紋別市民会館2階ロビーに展示されているヒグマの剥製(北米・アラスカで駆除)も、体重が400キロだったと記されている。

ハンターの1人によると、デントコーン被害によるヒグマ駆除依頼を受けて現地を確かめたところ予想以上のひどさだったため、仲間を呼んで2人態勢で臨むことにしたという。

残っていたデントコーンをコンバインで刈り取ってもらい、ヒグマが隠れているエリアを狭めていったところ、突然、巨大なクマが飛び出してきたという。そこで猟銃を撃ち、命中させた。

ユニックで吊り上げて測定したところ、体重はちょうど400キロ。このハンターが10年前に仕留めた310キロのクマを優に超える新記録となった。「巨大ヒグマを捕った」との話題は地域を駆け巡り、集まった大勢の人たちも、その大きさに驚いたという。

http://www.minyu.ne.jp/digitalnews/151004_1.htm
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ああ

あああああた
ああああたたた


ああ
編集


『中国もTPPに参加すれば』とほざく売国総理よりもヒグマの方が生きている価値あるよ。



編集
クエストを完了しました。1分後に拠点に戻ります

武器:ライトボウガン 防具無し
最大HP10 最大スタミナ25 スキル無し

こんな感じ。外せばシぬ
編集
>50年やっているが

70歳くらい?
年齢も凄そう。
編集

フルトン回収かな?


編集

トラックバック

http://dqnnews4.blog.fc2.com/tb.php/285-1baf878f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)