ノーヘルでバイクに乗って逃走した少年らを平手打ち、巡査部長(59)を書類送検→依願退職


ヘルメットをかぶらずバイクに乗り、停止指示を無視して逃げた少年らに平手打ちなどの暴行を加えたとして、岐阜県警は16日、特別公務員暴行陵虐容疑で、加茂署地域課の男性巡査部長(59)を岐阜地検に書類送検した。県警は減給100分の10(1カ月)の懲戒処分とし、巡査部長は依願退職した。

巡査部長は「逃走され腹が立った。心の底から反省させようと思った」と話しているという。

送検容疑は6月18日午後11時20分ごろ、同県美濃加茂市の農道脇で、バイクを運転していた10代少年の頬を3回平手打ちし、右手を1回蹴り、同乗していた10代少女と一緒に正座させた疑い。

県警によると、巡査部長はパトカーで巡回中、少年らが乗ったバイクを発見し追跡。バイクが約2キロ先で草むらに転倒した際、「事故が起きたらどうするんや」と声を掛け暴行した疑いがある。少年から2日後に加茂署に通報があり、県警が捜査していた。

県警の加藤雅之首席監察官の話関係者の皆さまに深くおわびする。指導教養を徹底し、再発防止に努める。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015101600659
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

犯罪を取り締まれない刑殺に存在価値など無い
編集
>>3回平手打ちし、右手を1回蹴り、同乗していた10代少女と一緒に正座
これはタダの憂さ晴らしですわ

本当に熱血なら拳骨一撃で殴った方が泣く。
このクズはただの暴力、処分されて当然。
編集

トラックバック

http://dqnnews4.blog.fc2.com/tb.php/289-72055192

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)