【ヤバい】中国船転覆事故、閉じ込められた生存者を酸素切れで殺してから救助開始 → 現在数百人の死亡が確認

名称未設定 1
>東方之星沈没事故について

東方之星沈没事故(とうほうのほしちんぼつじこ)は、2015年6月1日に中国湖北省荊州市監利県の長江水域で発生した転覆・沈没事故。2015年6月3日9時30分時点で14名が救出されるが、428名が行方不明となる大惨事となった。

概要

中国湖北省荊州市の長江で6月1日午後9時30分 (CST) 頃、乗員乗客ら458人を乗せた大型客船東方之星(中国語版)(中国語: ?方之星、ピンイン: D?ng F?ng Zh? X?ng)が転覆、沈没した。客船は重慶市の国有企業「重慶東方輪船公司」が運航しており、江蘇省南京市から重慶市に向かうツアーの途中だった。
事故当時、現場付近は激しい風雨に見舞われる悪天候だった。船内では旅客が就寝準備中だったとみられるが、竜巻に巻き込まれてから1、2分で長江の北岸寄りで転覆した。救難活動が本格化したが、乗客の大半は船内に取り残されるなど行方不明となっており、警察当局は同日、救助された船長、機関長の身柄を拘束した。
乗っていたのは、中国国内の旅行客406人のほか、旅行会社の関係者5人、乗員47人。



(詳しくはWikipediaへ)


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する